2020年02月18日

2020合格速報 〜お茶の水女子大学附属高校〜

お茶の水女子大学附属高校合格!(文京区偏差値75)
※偏差値は高校受験案内2020・80%合格偏差値(晶文社)

言わずと知れた最難関クラスの国立校です。

東京工業大学との高大連携も推進し、理系教育にも力を入れています。

また、「自主自律の精神」を謳う学校ですが、通って頂いていた塾生も自律的な子で、日頃から要領よく勉強に取り組んでいた印象です。

最も印象的かつ他の塾生と大きく違うと思ったのは、授業中のメモの量とノートの工夫です。

学校の授業でも咲心舎の授業でも、ノートには先生が話した内容のメモをたくさんしてあり、時には図やイラストを入れるなどしていました。

これは誰かから言われたということでなく、自らの興味・関心でやっていたとのことです。

学ぶこと自体に貪欲な姿勢が見られました。

やや愚痴っぽくなってしまいますが、「授業でちゃんとメモとりなさいよ」と指示してもなかなかやらない塾生とは大きく差がつくのも納得してしまいますね。

私は私で、塾生が「勉強はおもしろいものだ」と感じることができるように、日々の授業を研鑽していきます。


いよいよ都立入試まであと3日。

残りの受験生と一緒に精一杯走り抜けていきます。
posted by 咲心舎 at 16:30| Comment(2) | 受験情報