2019年12月17日

スマホと睡眠

こんにちは。高橋です。

『こどもまなびラボ』さんから記事のシェアです。
なにより睡眠が基本! 親の「ブレない」態度が、子どもの脳を育てる
https://kodomo-manabi-labo.net/naritanaoko-interview-04

私は趣味でロードバイクもやっていて、とりわけ体が資本なので塾生にも食事と睡眠のことは口酸っぱく言っています。
(前回の記事でも触れた通りです。)

勉強をする上でも体が資本です!

 
こちらの記事、次の箇所が印象的でした。

『中学年の頃にとくに注意してほしいのは、スマホやゲーム機の扱いです。中学年くらいになると、「友だちも持っているから」と、多くの子どもがスマホやゲーム機を手にすることになりますが、これらが子どもから睡眠時間を奪う大きな元凶のひとつです。スマホやゲーム機の扱いに関しては、「絶対に親がコントロールするもの」という認識を持ってください。それも、「夜8時になったら使っちゃ駄目だからね」という口約束では駄目です。決まった時間になったらネットにつながらないようにするなど、きちんとした制限をかけて、子どもの睡眠環境を整えられるようにしましょう。』

 
先日とある保護者の方と面談しましたが、やはりお子さんのスマホの扱いに苦労しているという話も聞いたばかりです。

咲心舎ではスマートフォン利用のガイドラインを提示しており、

「塾がない日は20:00、塾がある日は22:00(間に合わない日は帰宅次第)には電源を消し、保護者に携帯を渡すこと」
としています。

もちろん最終判断はご家庭ですが、スマホ自体の悪影響と、約束事を守れないということ自体が

自己肯定感を育む阻害要因になり得ると思います。


スマホが学習の上でも有用なツールであることは確かですが、誘惑があまりに多すぎて悪影響の方が大きいと考えています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: