2019年01月12日

中学生学力テスト冬の陣

こんにちは。高橋です。

今日は中2と中1の学力テストです。

志望校も意識し、全力で取り組んでもらっています。

結果をお返しできるのは2月になると思いますが、

楽しみに待ちましょう。

今日のテストはジコガクとしてちゃんと復習もしてもらうよう、塾生にもお伝えておきます。

IMG_2033.JPG
posted by 咲心舎 at 15:19| Comment(0) | 授業・塾生の様子

2019年01月05日

2019 年始のご挨拶

高橋です。


新年おめでとうございます。


今年もよろしくお願いします。



講習後半戦スタートしてます。


中2の授業風景と中3の自習の様子です。

 IMG_1999.JPG


入試まであと一カ月半となってしまいました。


この講習を踏み台にして学力を飛躍させるべく、


また、塾生達の心に火をつけるべく、私も燃えていきます。



今年は昨年よりもさらに熱くいきます。


posted by 咲心舎 at 15:54| Comment(0) | 授業・塾生の様子

2018年12月29日

冬期講習とビジョン実現シート

こんにちは。高橋です。



冬期講習真っ最中です。


中学生は、1年生は方程式の文章題がメインテーマ、


2年生は図形の証明問題メインです。


どちらも、論理的思考力を育むことを主眼としています。



そして3年生は過去問演習。


一気に受験シーズンらしくなってきました。




さて、中学生はこの12月から「ビジョン実現シート」なるものの運用を始めました。


自分の目標と、そのためにやることをA4の紙1枚にまとめて書くという非常にシンプルなものです。


青山学院大学陸上競技部の原晋監督の著書『逆転のメソッド』からヒントを得ました。

(青学が母校の私としては箱根5連覇を達成してもらいたいと願っています)


IMG_1921.JPG 

教室に貼り、塾生も私もお互いに書いている内容を確認できるようにしています。


塾生は目標に向かって引き続きがんばって欲しいです。


コピーしたものを自宅にも貼ってもらっているので、


ご家庭内でのコミュニケーションの一貫としてご活用いただければとも思っています。




今年のブログ更新はこれが最後です。


皆様よいお年をお迎えください。


posted by 咲心舎 at 15:49| Comment(0) | 授業・塾生の様子

2018年12月14日

チームミーティング

こんにちは。高橋です。


中3受験生は今月からチームミーティングなるものを始めました。



平日17時に中3生が集合した時点で、


その日によってランダムに集まったグループを作ります。



もっかんシート(目標管理シート)を見せ合いながら、


・今週の目標

・今日やるタスク

・最近のうまくいってること・いないこと


を共有してから勉強に臨んでもらっています。


最後に「よろしくお願いします!」も忘れずに!



学年で区切ったりせずに、その場で小さいグループをつくりミーティングを行う手法は、


全国大学ラグビー大会で9連覇している帝京大学ラグビー部や、


箱根駅伝で4連覇している青山学院大学陸上競技部も取り入れているそうです。


一体感を高め、皆が本当の意味での仲間として支えあえるようになることを期待しています。


ミーティングは私も見守っています。

IMG_1711.JPG


IMG_1693.JPG 


IMG_1448.JPG


さぁ今週末は模擬試験です。


健闘を祈ります。



12/18追記

模擬試験無事終了しました。

復習命。

不明点は夕方自習室で解消しています。

posted by 咲心舎 at 19:13| Comment(0) | 授業・塾生の様子

2018年11月28日

毎年毎年、言葉が変わる?

こんにちは、小学生担当の深松と申します。
日は小学生との日常の一コマをお伝えします。

「僕たちの時はこんな説明じゃなかったexclamation×2

5年生の授業をしていると、
自習中の6年生にそう言われることがあります。

1年前にやった単元内容を覚えていて、
その時の授業との比較をしているのでしょう。
塾生たちは本当によく見てくれている
(覚えてくれている)な、と嬉しくもなります。

実際に毎年毎年、授業の仕方、教え方や伝える言葉は変わります。
塾生には「それは教える相手が変わるからだよ」と説明をします。

授業前には教案を作り、授業のシミュレーションをするのですが、
その年の各塾生の反応も想定しながらシミュレートします。
「伝える本質」は変わりませんが、塾生一人一人の、
その時の状況に応じた、最善の伝え方を模索します。
どんな方法や言葉で伝えれば、より伝わるのか。
それを考えながら授業案を練っていくと、
自ずと言葉は変わっていきます。

集団授業でも、目の前に塾生がいるライブである限り、
その模索が塾生の理解を最大限に引き出す手助けになると考えています。

これからも、塾生の”今”を丁寧に観て、
伝わりやすい授業を目指していきます。
続きを読む
posted by 咲心舎 at 00:18| Comment(0) | 授業・塾生の様子