2018年12月21日

2018最後の地域清掃

こんにちは。高橋です。


今月も行って参りましたゴミ拾い。


来年も継続してやっていきます。


IMG_1778.HEIC


さて来週25日からは冬期講習です。


冬でもアツく燃えていきます。


続きを読む
posted by 咲心舎 at 18:52| Comment(0) | 日記

2018年12月14日

チームミーティング

こんにちは。高橋です。


中3受験生は今月からチームミーティングなるものを始めました。



平日17時に中3生が集合した時点で、


その日によってランダムに集まったグループを作ります。



もっかんシート(目標管理シート)を見せ合いながら、


・今週の目標

・今日やるタスク

・最近のうまくいってること・いないこと


を共有してから勉強に臨んでもらっています。


最後に「よろしくお願いします!」も忘れずに!



学年で区切ったりせずに、その場で小さいグループをつくりミーティングを行う手法は、


全国大学ラグビー大会で9連覇している帝京大学ラグビー部や、


箱根駅伝で4連覇している青山学院大学陸上競技部も取り入れているそうです。


一体感を高め、皆が本当の意味での仲間として支えあえるようになることを期待しています。


ミーティングは私も見守っています。

IMG_1711.JPG


IMG_1693.JPG 


IMG_1448.JPG


さぁ今週末は模擬試験です。


健闘を祈ります。



12/18追記

模擬試験無事終了しました。

復習命。

不明点は夕方自習室で解消しています。

posted by 咲心舎 at 19:13| Comment(0) | 授業・塾生の様子

2018年12月07日

『ボヘミアン・ラプソディー』

こんにちは。高橋です。

先日、映画『ボヘミアン・ラプソディー』を観てきました。


おススメです。

私はQUEENの全盛期は記憶のほぼ無い年齢になってしまいますが、

保護者の皆様は私よりも詳しい方が大半でしょう。

私は中学・高校と洋楽にハマり、QUEENの音楽に出会ったのは実家を離れる頃です。

そんな私でも感動し落涙しました。


太く短く情熱的に生きたフレディ・マーキュリーの生き様を焼き付けてきました。


また観たいです。

というかあの音に包まれたいです。

塾生にもぜひ見て欲しいのですが、小中学生には刺激がやや強いのでご注意を・・・


今年は『グレイテスト・ショーマン』然り、魂を揺さぶられる素晴らしい映画に出会えました。


やや話は逸れますが、小中学生の頃には何かにハマる経験をして欲しいと思っています。

勉強ではなかったとしても、趣味や好きなことにハマる経験がその人を強くしてくれると思っています。

その辺の話はまた機会があれば書きます。
posted by 咲心舎 at 19:11| Comment(0) | 講師の日常

2018年11月30日

アタマの良くなる食材!?

こんにちは。高橋です。


先日『頭のいい子にする最高の育て方』(はせがわわか著)という本を読みました。

51LPnWSjJZL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg


そこで紹介されていた内容の一部が面白かったのでシェアします。


何かと言うと、頭に良いとされる食材が紹介されていたのです。


その3つの栄養素と、栄養分が含まれている食材が以下のものです。

タンパク質  納豆、豆腐

DHA     シラス、ジャコ、さくらえび

鉄分      青のり



他にも食材は色々あるでしょうが、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


ちなみに私は高校生まで実家住まいだったときは、


1年のうちの300日以上朝に納豆ごはんを食べていた気がします。



今では、アスリートの真似事をしてサプリメントを摂取している私にとっては、


聞いてテンションが上がってしまうものばかりでした。

(趣味でロードバイクをやっています)


小中学生にサプリメントをお勧めするのもはばかられますが、


私はこんな感じで毎日摂っています。

 IMG_1455.HEIC


他にもありますが一部だけ。健康オタクみたいですね・・・

2018年11月28日

毎年毎年、言葉が変わる?

こんにちは、小学生担当の深松と申します。
日は小学生との日常の一コマをお伝えします。

「僕たちの時はこんな説明じゃなかったexclamation×2

5年生の授業をしていると、
自習中の6年生にそう言われることがあります。

1年前にやった単元内容を覚えていて、
その時の授業との比較をしているのでしょう。
塾生たちは本当によく見てくれている
(覚えてくれている)な、と嬉しくもなります。

実際に毎年毎年、授業の仕方、教え方や伝える言葉は変わります。
塾生には「それは教える相手が変わるからだよ」と説明をします。

授業前には教案を作り、授業のシミュレーションをするのですが、
その年の各塾生の反応も想定しながらシミュレートします。
「伝える本質」は変わりませんが、塾生一人一人の、
その時の状況に応じた、最善の伝え方を模索します。
どんな方法や言葉で伝えれば、より伝わるのか。
それを考えながら授業案を練っていくと、
自ずと言葉は変わっていきます。

集団授業でも、目の前に塾生がいるライブである限り、
その模索が塾生の理解を最大限に引き出す手助けになると考えています。

これからも、塾生の”今”を丁寧に観て、
伝わりやすい授業を目指していきます。
続きを読む
posted by 咲心舎 at 00:18| Comment(0) | 授業・塾生の様子